ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

INTERVIEW
同じ指摘をしても感謝される上司と煙たがられる上司がいる。その違いは?
INTERVIEW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

同じ注意やアドバイスでも、「Aさんの言うことなら分かるけど、Bさんに言われてもしっくりこない」・・・もし自分が上司の立場なら、部下にとってAさんのようでありたいものです。

では、Aさんのように「部下に聞く耳を持たせる上司の共通点」「彼らが実践しているテクニック」とはどのようなものでしょうか? そこには、人間の学習と脳の仕組みが関係しているようです。

そこで今回は、学習と脳科学に詳しいこちらの3名の対談を通じて考えます。

  • 電通でアクティブラーニングの先端研究チームのリーダーを務める倉成英俊さん
  • 同じく電通で子どもたちの発想力を鍛えるプログラムを企画運営する本田晶大さん
  • UCLAを飛び級で卒業、脳を軸に発明活動し特許を持つ脳神経科学者の青砥瑞人さん
株式会社電通 ビジネス・クリエーション・センター 電通Bチーム 代表 倉成英俊, 株式会社電通 第5CRプランニング局 アートディレクター 本田晶大, 株式会社DAncing Einstein 代表取締役 青砥瑞人

PROFILE

株式会社電通 第5CRプランニング局 アートディレクター 本田晶大
本田晶大
株式会社電通 第5CRプランニング局 アートディレクター
写真右。1967年1967年石川県生まれ。2003年電通入社。雑誌『ソトコト』の制作に創刊当初から携わるなど、アートディレクターとして活躍中。「アクティブラーニング こんなのどうだろう研究所」にも所属し、小児科クリニックなど子どもが育つ環境を総合プロデュース。発達に偏りを持つ子もそうでない子も自ら考え、発想し、一緒に楽しめる独自のクリエーティブプログラムを多数提案
株式会社電通 ビジネス・クリエーション・センター 電通 Bチーム 代表 倉成英俊
倉成英俊
株式会社電通 ビジネス・クリエーション・センター 電通 Bチーム 代表
写真左。1975年佐賀県生まれ。2000年電通入社。クリエーティブ局に配属以降、各社新規事業部とのプロジェクトや「APEC JAPAN 2010」「東京モーターショー2011」「IMF/世界銀行総会2012」の総合プロデュース他さまざまなプロジェクトに携わる。電通「アクティブラーニング こんなのどうだろう研究所」の所長としては「変な宿題」プロジェクトや佐賀県で藩校を21世紀に復活させる「弘道館2」他、教育が面白くなることをいろんな人びとと連携し推進中
株式会社DAncing Einstein 代表取締役 青砥瑞人
青砥瑞人
株式会社DAncing Einstein 代表取締役
写真中央。1985年東京都生まれ。日本の高校を中退し、渡米。アメリカの最上位である公立大学 UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の神経科学学部を飛び級で卒業。帰国後、株式会社DAncing Einsteinを設立し、脳神経化学を教育・人財育成へ応用し大手企業・学校を支援。脳神経化学と教育、ITを掛け合わせた「NeuroEdTech®」の分野でいくつも発明し特許を取得

他人に聞く耳を持たせる人がやっている「雑談と動き」

ー本田さんは電通で子どもたちの発想力を鍛えるプログラムを企画運営していますが、先生の話を聞くときの態度は子どもによってさまざまではないでしょうか?

本田 そうですね。僕は電通で子ども向けのクリエーティブプログラムを形にする仕事をしているのですが、人の情報の受け取り方、理解の仕方って、ほんとうに人によって違うんだなあと驚かされたことがありました。

株式会社電通 第5CRプランニング局 アートディレクター 本田晶大

とある教育機関と学習用コンテンツを作るプロジェクトに携わったとき、有名大学に通う優秀と言われる学生たちのノートをいくつも集めたんです。

すると、「ノートの取り方」一つとっても千差万別なんですね。テストに出そうなところだけを書き留めている学生もいれば、授業の内容を「絵」に描き出して覚えようとしている学生もいました。中には、教授が話した「雑談」まですべて書き留めている学生もいて・・・。

倉成 そういえば、授業中によく「雑談」をする先生って人気ありましたよね。雑談がおもしろかったからっていうのもあるんでしょうけど、たとえその雑談の内容が授業とまったく関係なくても、なぜか授業の内容までよく覚えているということもありましたよね。

青砥 たしかに、授業が上手い先生もそうですし、会社で部下に好かれる上司も雑談をポンポン入れますね。

実はそれって、本人たちは意図していないかもしれませんが、「脳神経科学的にも」理にかなっているんですよ。淡々と教科書に書かれていること、仕事のタスクの話をするよりも、生徒や部下の学習効率が高まることもあると思います。

株式会社DAncing Einstein 代表取締役 青砥瑞人

本田 そうなんですか?

青砥 そもそも、人の「注意」って散漫になりやすくて、ずっと板書を見てばかり、同じ人の同じトーンの声を聞いてばかりだと、すぐに飽きるんです。これはその人の学習意欲うんぬんではなく、脳の情報処理の仕組みってそういうふうにできている。

そんな注意力の限界がきたときに、授業や仕事の内容と関係のない雑談が「ポン」と出てくると、聞く人は注意を和らげることができるんです。真面目な話を聞いているときと、おもしろい話を聞いているときとでは、活発になる脳の部位も異なるので、「脳の休息」になるからです。

その雑談の内容にインパクトがあればなおさら、特に声など音を「聞いて」モノごとを理解するのが得意な「聴覚優位」な人にとっては、その雑談と授業、仕事の内容とを紐づけて、より記憶が定着して、時間が経っても思い出しやすくなる、ということは十分に考えられますね。

倉成 なるほど。まあ、雑談ばかりしているのも考えモノですが(笑)

青砥 そうですね(笑)また、その雑談の最中にする「動き方」にもインパクトがあれば、「視覚優位」な人の脳に情景として記憶される可能性が高まると思います。僕自身も、人前に立って話すときは気をつけています。

株式会社DAncing Einstein 代表取締役 青砥瑞人

本田 どんな動きでしょう?

青砥 例えば、立っているときずっと同じ姿勢でいないように、壇上で左右に歩いてみたり、身振り手振りを意識して付け加えてみたり。

そして、その日一番伝えたいメッセージを話すときには、かならず「ピタッ」と止まるんです。特に視覚優位な人の注意をグッと集めるために。

人は相手の「言うこと」ではなく「あり方」に惹かれると耳を傾ける

倉成 雑談と動き、おもしろいですね。青砥さんにとって、「同じ話でもこの人に言われるとしっくりするなあ」と実感する人は、どなたかいますか?

青砥 医学界の巨匠で、中学校も高校も大学(UCLA)の先輩である「黒川清さん」です。僕にとって、ヒーローと呼べる方。

黒川清さんは日本の医学者。東京大学で医学博士号を取得。UCLA医学部内科教授、内閣官房健康・医療戦略室健康・医療戦略参与、東京大学名誉教授、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会委員長、政策研究大学院大学アカデミックフェローなど歴任。紫綬褒章、旭日重光章など受賞歴多数。

何か同じことを黒川さんに言われるのと、他の人に言われるのとでは、聞こえ方がまったく違うというか、それがたとえネガティブフィードバックだったとしても、きちんと聞く耳を持って、受け止めて、アクションしようと思えるんです。

倉成 どうして黒川さんだと、意見をすっと受け入れられるのでしょう?

青砥 黒川さんって医学界の巨匠なんですけど、大学の同窓会で最後まで残って、片づけまでするんです。それを見て、「すごいなあ、こういう人についていきたいなあ」と思いました。

つまり、その人の「あり方」に惹かれているんでしょうね。黒川さんを見ていると、会社の上司や学校の先生もそうですけど、人を育てる人ほど、このあり方が重要だなあと思うんです。

倉成 「マネジャー」とか「教師」のような肩書きや役割ではなく、その人「個人」に魅力を感じるということですね。

株式会社電通 ビジネス・クリエーション・センター 電通Bチーム 代表 倉成英俊, 株式会社DAncing Einstein 代表取締役 青砥瑞人

本田 「あり方」に魅力を感じられる人って、他の人と何が違うんでしょう?

青砥 「あり方」とは、つまり相手に対して抱く人の「印象」のことですが、それは脳の海馬にある「エピソード記憶」と、扁桃体にある「感情記憶」とがかけ合わさって形づくられるんです。

そして、その印象の記憶がよい方向に積み重なっていくと、脳は自然と「相手に近づきたい、近づこう」というシグナルを出します。これは、人の信頼感を高めてくれる脳の「オキシトシン」という物質の効果と考えられます。

僕が黒川さんのあり方に魅かれているのは、彼にまつわる一つひとつの感情記憶を伴ったエピソード記憶が脳に刻まれ、オキシトシンによる信頼感を醸成し、黒川さんが目の前に現れると、他の人が現れたときとまったく異なる脳の状態とプロセスが導かれるからでしょう。

青砥 自分の印象の記憶は、他人の脳に日々刻々と刻まれます。このように、子ども、部下は、指導者や上司の日々の言動、あり方を無意識的にも脳で学習しています。その積み重ねが「間柄」というものを形成していくんです。ですから、やはり「あり方」は大切。

本田 なるほど。

青砥 日々のあり方を心がけることも大切ですが、それ以外には「自分のパーソナルヒストリー(エピソード)をそのときに感じたこととセットで語ること」も効果的です。それは相手の脳に、自分のあり方を学習してもらっていると言えるからです。

小学生のころ、先生のプライベートの話を聞くのって妙に楽しかったじゃないですか。話している内容だけでなく、その話している人の個人としてのスタンス、あり方を理解してもらう、共感してもらうことって大事だなあと思います。

倉成 今の時代、大事なのは「個人的なこと」だと思います。「課長」とか「部長」とかじゃなくて、「あなた」「その人」。そうじゃない一般論で語る人は、自分の考え、自分の言葉じゃないから惹きつけられない。

青砥 そうです。ですから、会社でも上に立つ人、部下を育てる立場にある人が、「いち個人」として内面を表に出せるような場づくり、コミュニケーションの設計が、これからもっと大切にされるべきだと思います。

株式会社DAncing Einstein 代表取締役 青砥瑞人

倉成 個人ではなく「肩書き」が持つステレオタイプに本人が引っ張られている可能性もありますね。それは、つまらなくする要因の1つ。「脱ステレオタイプ」は、話し方にかぎらず、仕事や生き方すべてにおけるキーワードだと思います。

本田 仕事をする上で、パーソナリティーを相手に知ってもらうって、大切ですね。

倉成 スモールトークをせずにすぐ仕事の話する人多いからなあ。「今から一番エッジーな自己紹介をした人にはマンダリン オリエンタルの宿泊券をあげます」とか「映画化決定します」とか(笑)、そんなアバンギャルドな研修が、会社にあってもいいのかもしれませんね。

一同 (笑)

株式会社電通 ビジネス・クリエーション・センター 電通Bチーム 代表 倉成英俊, 株式会社電通 第5CRプランニング局 アートディレクター 本田晶大, 株式会社DAncing Einstein 代表取締役 青砥瑞人

[取材・文] 岡徳之、大矢幸世

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

連載一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る