ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

INTERVIEW
事業会社のマーケティング担当 河原塚(かわらづか)さんと一年間の振り返りをしてみた
INTERVIEW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

今年もまもなく終わり。来年をさらなる飛躍の年にするべく、まずは「一年の振り返り」が欠かせません。

その振り返りの方法として、『”未来を変える” プロジェクト』編集部がお勧めしているのがFacebookで1.7万いいねと大反響をいただいた「4人1組での振り返り」です。

振り返り会の構造
  • 4人1組
  • 1人が60分ずつ自分の1年を振り返り、4人で合計4時間
  • 自分が振り返りの当事者であるときは、簡単に1年の概略を説明
  • 残りの3人はその内容に対して質問や投げかけを行う

編集部では、この「4人1組での振り返り」を行い、ビジネスの第一線で活躍されている方々にアンケートを実施。実施後に感じた、振り返りの効果、またそれを最大化するためのティップスを伺いました。

前回は株式会社ほぼ日取締役 CFOの篠田真貴子さん。そして今回は、事業会社でマーケティングを担当している河原塚徹さんです。

事業会社マーケティング担当 河原塚徹

ー振り返り会に参加して、予想どおりだったこと・予想外だったことを教えてください。

予想通りだったのは、自分なりにまとめた「振り返りシート」の内容が、他のメンバーからの質問で一気に深まる醍醐味です。

振り返りシート

時間がかぎられているので、メンバーそれぞれの特徴的な考え方が質問に現れます。予想もしなかった切り口からツッコまれるのが楽しいです。

予想外だったのは、参加者4人の共通点です。今年実施したメンバーは所属する企業・組織も違えば、年代もバラバラ。ですが、それぞれの仕事が転換点に差しかかっていました。「今の変化をどう乗り切るか?」で会は白熱しました。内容を話せないのが残念です。

ー一年の振り返りを実施したことで、どのような影響や変化がありましたか?

日々仕事をしているだけだと点に見える出来事が、振り返り会を通して線や面であることを発見しました。具体的には、ファシリテーションや周囲を巻き込むことへの関心です。

そもそもは「タニモク会(他人に目標を立ててもらう会)」が面白すぎて、いろんなメンバーで10回以上開催しました。

自分が声をかけたので、司会役として会を仕切ります。面白くなってきて、ビジネスファシリテーションの講座やグラフィックファシリテーションのワークショップに参加しました。秋に、会社のオフサイトミーティングのファシリテーションを担当したところ、好評でした。

タニモク、ファシリテーションスキル、オフサイトミーティングがつながって、ファシリテーションが自分の中で大事なテーマになったことに気づきました。

ー自分とどのような距離感の人、どんなタイプの人と振り返りをすることがお好きですか?

冒頭のマニュアルにもありますが、利害関係のない人であることが前提になります。あとは、自分とできるだけ違いのある人のほうが面白いです。

分かりやすいのは、所属する組織や企業、仕事です。老舗企業かベンチャーか、大企業の社員かフリーランスか、営業か人事か、など、いろんなな人が集まるほど新しい視点から一年を振り返ってもらえます。

いろんな年齢や性別の人と話すのも面白いことです。価値観の違いが分かるのも楽しみです。最近は、若手の方がしっかりしていて、プレッシャーをひしひしと感じます。

ー振り返り会の事前にできる、当日をより楽しむためのポイントがあれば教えてください。

総力を挙げて一年を振り返ることです。私の場合、4つの情報源を使いました。手帳のスケジュール、ブログ、Twitter、そしてスマホに保存された写真です。

特に、スマホの写真はどこで何をしていたのか、はっきりと思い出せるのでお勧め。ほろ酔い気分の自分の写真で反省することもありますが(笑)

ー当日、ご自身の振り返りを行う場面で特に心がけたことは何でしょうか?

今年は2回実施したので、1回目に「この人はうまい!」と思ったコツを心がけました。情報を伝えるときの基本ですが、

  1. マクロからミクロに
  2. ディテールに入りすぎない

を心がけました。

前者は、組織の状況から自分の部署や業務へと具体化していくこと。後者は、自分の一年を説明する時点では話しすぎないようにすることです。詳細を掘り下げると時間がかかるし、議論が集中していまいます。個人的には、一年のある時点ではなく「流れ」の中から何かを見つけることを楽しんでいます。

ー他の方の振り返りを聞く側にまわった際に気をつけたことはありますか?

説明してもらった内容を、できるだけ模造紙に書きとります。書き出していくと、よく出てくるキーワードや意外なキーワードが出てきます。質問の際には、そのキーワードを使います。

また、できるだけ相手の言葉を自分の言葉で言い換えないように注意しています。相手が「ワークショップ」といったら、「セミナー」や「イベント」ではなく「ワークショップ」にしています。その言葉を選んだ意味を失くさないためです。

ー振り返り会が終わったあと、やっておくとよいことがあれば教えてください。

絶対にお勧めしたいことがあります。別のメンバーを集めて、さらに振り返り会をしましょう(笑)

メンバーが変わると、まったく別の視点から振り返りできるので、次の一年への希望や熱意がグッと高まります。そして、じっくり来年の構想を練ります。私は年内に2回、年初に2回、合計4回の振り返り会に参加するようにしています。

PROFILE

事業会社マーケティング担当 河原塚徹
河原塚徹
事業会社マーケティング担当
早稲田大学第一文学部史学科卒業。金融情報サービス業、ネット金融機関、介護事業のマーケティングに従事。趣味は、ビジネス書(最近はファシリテーション関連)や歴史小説を読むこと

【 本記事の読者にはこちらもお薦めです 】
40人のビジネスパーソンが絶賛した「1年の振り返り方」完全マニュアル
1.7万いいねと大反響!目標設定に活用したいノウハウをご紹介します。

[編集・構成] “未来を変える”プロジェクト 編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

連載一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る