ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

LIBRARY
これからの時代の「出世」について考えるときに読みたいビジネス書5選
LIBRARY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

「出世」といえば、一つの会社で、一つでも上の役職や役員クラス、人によってはトップを目指すことを指していました。今でも変わらないのかもしれませんが、それでもはたらき方の多様化などを背景に、出世という言葉の定義が揺らぎつつあることは確かです。

副業をしたり、起業をしたり、お金にはならないかもしれないけれど、非営利の団体を手伝ったり。私たちのキャリアの選択肢は広がりつつあります。社会がそれを許容し始めてもいるのでしょう。また、若い人の中には「出世なんかしなくていい」と考える人もいると聞きます。

キャリアが多様化する時代に、「出世する」とはどういうことなのでしょうか。「これからの時代の出世」について考えるときに読みたい書籍を、5冊をご紹介します。

ご紹介する書籍は、『”未来を変える” プロジェクト』が「これからの時代の出世」をテーマに開催したイベントに参加したビジネスパーソン40名が推薦したものの中から厳選されたものです。

『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット 著

『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット 著、池村千秋 翻訳(東洋経済新報社)
『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット 著、池村千秋 翻訳(東洋経済新報社)

今回、編集部が「これからの時代の出世」というテーマに着目したきっかけは、この書籍でした。

ベストセラーとなったビジネス書『ワーク・シフト』や『未来企業」で知られる、経営組織論の世界的権威で、ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットンさんらが、これから到来する「寿命100年時代」の生き方に示唆を与える『ライフ・シフト』。

リンダさんらによると、これからは医療やテクノロジーが発達し、人間はますます健康で長寿になる。100歳以上の人は英語で「センテナリアン」。日本には現在、6万人以上いますが、2050年までには100万人を突破する見込みだそうです。

そうなると、私たちのはたらき方、人生はどう変わるか。リンダさんらによれば、これまで人の人生は、「教育〜勤労〜引退」という3つのステージに分かれていたが、時間軸が伸びることで、勤労の間、あるいは引退した後に、「学び直し」など他のステージが生まれる。

どの新しいステージを、いつ選び取るかを検討する際には、収入やお金など「有形資産」だけでなく、スキル・健康・人脈など「無形資産」をマネジメントすることも念頭に置くことが、長い人生を楽しむ秘訣だと説きます。

新たなキャリアの選択肢として、「エクスプローラー(探検者)」「インディペンデント・プロデューサー(独立生産者)」「ポートフォリオ・ワーカー(副業など異なる種類の活動を同時に行う人たち)」という3類型も紹介。

これから到来する時代は、現在の時代の延長線上ではないと自覚し、時代の変化を楽しむためのヒントを掴んでみては。

『インターネット的』糸井重里 著

『インターネット的』糸井重里 著(PHP研究所)
『インターネット的』糸井重里 著(PHP研究所)

『ライフ・シフト』は、少し先の未来の当たり前について書かれた本ですが、「ほぼ日」の社長で、著名なコピーライターでもある糸井重里さんは、今の社会における生き方において大切なことについて、この本で書かれました。今から15年も前の「2001年」に。

例えば、「幸せ観」について、以前は、「幸せなどというものは、結果であって、そんなわけのわからないものを追いかけようとしたり、それについて考えようとすることなどは、かえって幸せを逃してしまうのではないか」と思っていたそう。

それが今は、「他の人や、他の企業がそれに反対しようがしまいが、自分が自分たちが、世界を人間を歴史を幸福を男を女を仕事を休みを遊びを夢を・・・ どういうふうに考えているかが、その人や組織のつくる世界を決定づけてしまいます。(中略)それなしに、人の活動はないはず」と。

糸井さんは以前、こうも語っていました。

「いつでも、人の暮らしている世の中ってやつは、学者やマーケッターたちが考えるよりも先を行っている。現実にはすでにはじまっていることや、現実に人びとが感じていることを、『研究者』たちがまとめ上げて解説したりすると、その説明を聞いて安心した多くの人が、あとをついてきて市場は大きくなっていく」。

そんな糸井さん的、幸せ観、世界観を壁打ちの相手として、出世をふくむこれから自分が人生で大切にしていきたいことについて、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

イベントで議論した「出世にまつわる変化」の背景が、この一冊ですべて押さえられています(20代・男性・学生)

『戦略人事のビジョン 制度で縛るな、ストーリーを語れ』 八木洋介、金井壽宏 著

『戦略人事のビジョン 制度で縛るな、ストーリーを語れ』 八木洋介、金井壽宏 著(光文社新書)
『戦略人事のビジョン 制度で縛るな、ストーリーを語れ』 八木洋介、金井壽宏 著(光文社新書)
組織における出世という観点で、今の大企業のおかしな部分への的確な指摘がたくさんあり、「ではどうするべきか」のヒントを得られます(20代・男性・鉄鋼業界)

という、ドキッとさせられる推薦のコメントが参加者から寄せられた本。ゼネラル・エレクトリックやLIXILグループなどで長年、人事部門を歩んできた方と組織行動研究の第一人者が、人事の本来の役割、人のやる気の引き出し方、リーダーの育成法などを経営の観点から解説した一冊です。

著者の八木さんは、これまで日本企業では、年功序列、終身雇用など、「成長」を前提とした人事を行ってきたが、その前提が変わった。しかし、企業は、人事は変わり切れなかったと痛烈に批判します。例えば、成長が止まるとただ人件費だけが上がっていってしまう「職能資格制度」。

「人間ほど生産性が飛躍的に向上する経営資源はない」といった言葉に表れる通り、これからは人間的、人間性を軸とした出世、登用のあり方が必要とされ、その中身が書かれています。今の会社、自分の価値観と時代の変化とのギャップに気づかせてくれる、刺激的な一冊です。

『その幸運は偶然ではないんです!』 J.D.クランボルツ、A.S.レヴィン 著

『その幸運は偶然ではないんです!』 J.D.クランボルツ、A.S.レヴィン 著、花田光世、大木紀子、宮地夕紀子 翻訳(ダイヤモンド社)
『その幸運は偶然ではないんです!』 J.D.クランボルツ、A.S.レヴィン 著、花田光世、大木紀子、宮地夕紀子 翻訳(ダイヤモンド社)

では、個人のキャリアが多様化し、これまでの出世の概念や会社のシステムが通用しない時代に、私たちはどのようなキャリアプランを描くことができるでしょうか。その一つの方針として、「プランドハプンスタンス理論」をご紹介します。

スタンフォード大学教授で、心理学の世界的権威でもある著者が提唱したこの理論。「個人のキャリアの8割は、予想しない偶発的なことによって決定される」というもので、であるならば、「その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていこう」という考え方です。

本の中では、この理論を土台とし、キャリアや人生の選択に悩みながらも道を切り拓いていった人たちのケースが紹介されています。会社が用意した出世街道を走るのではなく、好奇心や柔軟性、冒険心を持ち、楽観的に持続性のあるキャリアイメージを湧かせたい人の背中を押してくれるでしょう。

『ALLIANCE アライアンスーー人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用』リード・ホフマン、ベン・カスノーカ、クリス・イェ 著

『ALLIANCE アライアンスーー人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用』リード・ホフマン、ベン・カスノーカ、クリス・イェ 著、倉田幸信 訳、篠田真貴子 監訳(ダイヤモンド社)※無断コピー禁止
『ALLIANCE アライアンスーー人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用』リード・ホフマン、ベン・カスノーカ、クリス・イェ 著、倉田幸信 訳、篠田真貴子 監訳(ダイヤモンド社)※無断コピー禁止

最後は、ビジネスSNS「リンクトイン」の創業者、リード・ホフマン氏らの本。今シリコンバレーの多くの優良企業が実践している、新しい雇用形態を紹介する一冊です。

その雇用形態というのが、「アライアンス」。人は会社とではなく「仕事」と契約し、かつ会社とも「信頼」で結びつくという考え方、雇用モデルです。

具体的には、企業と社員は、その社員に適した職務を話し合いで探ります。期間を決めて、社員はその職務に取り組む。期間が終了すれば、会社と社員はお互いに次を探る。職務がなければ、契約は終了。それでも、企業と元社員は信頼を軸に「終身信頼関係」で結ばれていきます。

『ライフ・シフト』でも述べましたが、これからは有形資産だけでなく、無形資産も重要になっていきます。そのうちの一つは、いつでも柔軟に「変身していける力」。個人がこれを培ううえでは、アライアンスのように会社との間でフラットな関係を築くことが重要かもしれません。

これからの時代の、会社と個人の関係のあり方について考える際にはぜひ。

「出世」に関するその他の推薦書籍

*カッコ内は推薦者のコメントです。

  • 『なぜ女は男のように自信をもてないのか』(男女差など本能的、社会的な背景が出世欲におよぼす影響を考える際に・・・)
  • 『未来の働き方を考えよう  人生は二回、生きられる』(出世などこの手の議論に関するほとんどのトピックについて言及されている)
  • 『「出世」のメカニズム―「ジフ構造」で読む競争社会』(少し古い本だが、「どうなのか」とあらためて自分でも考えながら読んでみたい)
  • 『撤退の研究―時機を得た戦略の転換』(日本の出世システムは「減点主張」なので、撤退の決断を行うことが少なく、また撤退が下手だと感じる)

ビジネスパーソン40名の推薦書籍、いかがでしたか。「ピン」と来たものから、お手に取ってみてください。

【 本記事の読者にはこちらもお薦めです 】
「社内出世」VS「社会出世」21世紀の出世論
変化が激しい時代、「出世する」とは何を意味するのでしょうか。
https://mirai.doda.jp/theme/promotion/promotion-21st-century/

[文] 岡徳之

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

テーマ一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る