ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

POINT OF VIEW
「リモートワーク」で活躍する!セルフマネジメントのレベルとスキル
POINT OF VIEW

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

総務省の調べによると、現在リモートワークを導入・実施している企業の多くが、「ワーカーの労務時間の管理(時間管理など)が難しい」という課題を感じているそうです。(参照:平成23年度テレワークの普及推進に向けた調査研究より

リモートワークを導入する企業のなかには、あえて勤怠管理や進捗管理をしない会社もあります。結果さえ出すことができれば、時間も場所にもこだわらない完全成果主義の働き方です。これを実現するためには、社員一人ひとりが自己管理できることが基本です。

そこで、社員への「マネジメントはしない」という独自のスタイルで、自己組織化されたチーム作りに成功している株式会社ソニックガーデンの倉貫義人さんに、セルフマネジメントのスキルについてお話しいただきました。

PROFILE

株式会社ソニックガーデン 代表取締役 倉貫義人さん
倉貫義人
株式会社ソニックガーデン 代表取締役
1974年京都生まれ。1999年立命館大学大学院を卒業し、TIS(旧 東洋情報システム)に入社。2003年に同社の基盤技術センターの立ち上げに参画。2005年に社内SNS「SKIP」の開発と社内展開、その後オープンソース化を行う。2009年にSKIP事業を専門で行う社内ベンチャー「SonicGarden」を立ち上げる。2011年にTIS株式会社からのMBOで株式会社ソニックガーデンを創業。「リモートワーク」に関するセミナーで多数講演。

セルフマネジメントには「レベル」があった!

倉貫さん率いるソニックガーデンは、社員12名のうち半数がリモートワーカーです。「マネジメントをしない」という経営方針のため、社員のみなさんは各自で状況判断をしながら仕事に取り組んでいます。

そうした独自のスタイルをとるなかで、倉貫さんは「セルフマネジメントにはレベルの段階があり、順番に身に付いていくもの」と気づいたそうです。段階が上がるにつれて仕事の幅も広がると言います。

<セルフマネジメントのレベルと必要なスキル>

その段階は、LV1.社会人の基礎レベルからLV6.経営者レベルにまでおよびます。

LV1 与えられた仕事を1人ですることができる。与えられた仕事のタスクを分解して優先順位を決め、時間管理をしながら仕事を終えて報告することができる。「仕事を与える」というマネジメントが必要のため、リモートワーカーとしては未熟。

LV2 どの事業にどれほどのリソースを配分するかを自ら判断する、もしくは与えられたリソースの範囲内で自ら仕事を創り出して成果につなげることができる。“なぜ”その事業をするのかを理解するスキルが求められます。リソース管理は必要だが、タスク管理は自分でできるため、リモートでも仕事が任せられる。

LV3 会社やチームのために目の前の仕事にどれほどのリソースをかけるべきか、もしくはやるべきなのかを自分の裁量で判断することができる。 “そもそも”誰のために、“そもそも”必要な仕事なのかという「そもそも思考」を備える必要がある。誰かの指示・命令は不要なレベルなので、リモートで活躍できる。

LV4 仕事の常識を変えていくことができる。組織全体の成長のために新しい取り組みを提案するなど、自ら会社のやり方に変革を与えることもできる。会社の経営の一端を担えるレベル。

LV5 自分の仕事を自分でつかみ、お金を稼ぐことができる。自律して働くスキルに加えて、自立することが求められます。リモートワーカーとしてはプロ。フリーランスや起業家として独立できる最低限のレベル。

LV6 投資をして新しい仕事を生み出すことができる。人材やお金といった自分の資産を活かして周囲を動かすことで、自分一人でやる以上の仕事を実現する。経営者レベル。

セルフマネジメントを体得した先の「チーム力」

LV4以上になれば、仕事の幅が一気に広がり、新たな挑戦もしやすくなります。起業の道も選択肢に入ってくるかもしれません。

とはいえ、各段階への飛躍は一筋縄ではいきません。倉貫さんは、レベルアップのポイントは「思考停止に陥らないこと」だと話します。

日常的に「ふりかえり」の時間を設け、1. よかったこと、2. 悪かったこと、3. 次に試すこと を現状分析することで、次につながるステップを見出すことが肝心です。この「ふりかえり」はチームで実施すると客観的な視点も加わり、一層効果的なのだそうです。

最後に倉貫さんは、セルフマネジメントを体得した先の「チーム力」についても話してくれました。

「リモートワークでセルフマネジメントができれば、チームはいらないのでは?と思うかもしれませんが、できないひとを守るためにチームがあるわけではありません。お互いの得意分野を発揮し、大きな成果につなげることにチームの存在意義があります」

「そのためには、信頼関係が重要です。メンバーのことを信頼できなければ、マネジメントをしたくなるでしょう。信頼して任せること。任されていると信頼し、応えること。チームのビジョン達成に向けて、リモートでありながらもお互いのスキルを補完し合うことすら判断して皆が動くことで、強いチームができるのです」

リモートワークにおけるセルフマネジメントのレベルアップのコツは、自律して動くための思考力を日常的に鍛えること。そのためにチームのリーダーは、メンバーに仕事を任せ、ともに現状分析をしていくことがポイントのようです。

倉貫さんと社員のみなさん
倉貫さんと社員のみなさん

【 本記事の読者にはこちらもお薦めです 】
「オフィス」VS「リモート」世界の最先端企業に学ぶ未来の働き方8つの観点
現在起こっている働き方のシフトに対応するためにいま見直すべき指標をご紹介します。
https://mirai.doda.jp/theme/remotework/office-vs-remotework/

[取材・文] 早川すみれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

連載一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る