ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

テーマ

新入社員から受けた「2年後の転職相談」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

キャリアの大きな転機となる「転職」。では、これからの転職においてはどのような視点を持つべきなのか。数々の転職やキャリア相談を受けてきた、47歳の元ITベンチャーの取締役の方に「これからの転職において大事なこと」について寄稿していただきました。

PROFILE

元ITベンチャー取締役(47歳)
元ITベンチャー取締役(47歳)
(インテリジェンス i-common登録)
不動産会社の営業マンから創業間もないベンチャー企業へと転職。創業から5年で従業員規模が50名になるも、M&Aにより会社は消滅。しかし、その5年間で鍛えられた経営ノウハウを持ってフリーの経営コンサルタントとして独立。主にスタートアップを対象に営業戦略や新規事業の立ち上げを支援

2年で会社を辞めます。転職の相談に乗ってください

40代で個人で事業をやっていると、世代問わず転職の相談を受けます。しかし、今回ご紹介する後輩からの相談ほど、インパクトのあるものはないでしょう。私が20代後半で不動産会社の営業リーダーを務めていたころに、新入社員として入ってきた後輩の話をご紹介します。

入社後、私のいる部署に配属された彼は注目のルーキーでした。オフィスに誰よりも早く出社し、席を立っては出社する一人ひとりに挨拶をする、昭和のにおいがする、いや、昭和の時代にもいなかったのではないかというくらい真面目で、熱量を持った人物でした。

真面目で熱量が強すぎるあまり、「その方法は、効率が悪いと思います」「なぜその作業が必要なのですか」「無駄を感じないんですか」など、先輩社員にも包み隠さず率直な意見を述べるため周囲からは敬遠されがちでしたが、直接関わりのない私は彼を面白く見ていました。

そんな彼との最初のコミュニケーションも唐突で、「手帳を見せてください」というものでした。最初のコミュニケーションでいきなり手帳だなんて普通では考えられないのですが、私も少し変わった節があるので面白そうだしプライベートのことは書いてないので渡してみることにしました。

翌朝に出社するとデスクの上に手帳とともにメモが置いてありました。メモには、「ビジネス書にない点がいくつか勉強になりました。参考にさせていただきます」という言葉、さらに自身の感想もいくつか書かれており、読書感想文の雰囲気を漂わせていました。

その後も、営業の方法など個別に質問を受けていたのですが、彼が入社して3カ月くらいが経過したころに、「あらためてご相談があります」と言われ、その圧力に私に緊張感が走りました。開口一番、

「会社を辞めます」

一瞬、そう来たかと思いましたが、それには続きがありました。

「会社を辞めます、2年後に。だから転職の相談に乗ってください」

その言葉に困惑しました。今ではなく2年後の退職の決意表明と、2年後の転職相談をしてきたのです。営業職として会話の切り返しには自信があったのですが、素直に「どういうことなのか」と聞き返してしまいました。

すると彼は、「営業スキルを磨くためにこの会社に入り、当時トップセールスだった私の基本行動を見て2年で私と同じレベルに行けると感じている。だから、その次の目標設定と転職先の検討を一緒にやってほしい」ということでした。

私なんでまだ自身のネクストステップも考えきれていないのに、彼はまだ始まったばかりの社会人経験の中で、たった数年ではありますが先輩の私にすでに並んでいました。普通であれば、「ふざけるな」と一蹴するのかもしれませんが、3カ月間の彼の行動と、テーブルをはさんだ現在の状況から「本気なのだ」と感じ取り、悩みました。

結論、私は思っていることをそのまま伝えました。「君が並んだと思っている私は、まだ次を考えきれていないのでその相談には乗れない」と断りました。それから、2年後に私も転職することになるのですが、このことがきっかけとなり、少しずつキャリアというものを考えるようになりました。

当の彼はというと、本当に2年後、私とほぼ同じタイミングで転職し、現在は30名ほどの従業員を従えて、起業家として活躍しています。

今の時代に、キャリアを考えない人などほとんどいないと思いますが、私の経験からのアドバイスとして、後輩による気づきからアクションを起こすと、少なくともその後輩にはキャリアにおいて勝てないと思います。

年数の差は、計画と実行によって追い越されることがあります。これからの転職は先輩をモデリングするのではなく、自分で考えるべき範囲が広くなると思います。自分がどうなりたいのか、どうありたいのか考えてみてください。

【 本記事の読者にはこちらもお薦めです 】
不確実性と直観に学ぶ、これからの仕事選び
「キャリア」に変化が押し寄せている今、仕事を選ぶための「軸」をご紹介します。

企業からオファーが届く無料サービス。
非公開求人や面接確約オファーなどの
求人情報が届くこともあります。
キャリアの可能性を広げる
スカウトサービス
スカウトサービス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

テーマ一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る