ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

テーマ

とりあえず「できる」と言おう。そしたら人生変わるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

『“未来を変える” プロジェクト』では、記事の制作段階でさまざまな方と議論し、フィードバックをいただきながら制作しています。今回は月間150万PVを超える「仕事・マネジメント」をテーマにした人気ブログ「Books&Apps」を運営する安達裕哉さんに「自己成就的予言」をテーマに寄稿していただきました。

PROFILE

ティネクト株式会社 代表取締役 安達裕哉
安達裕哉
ティネクト株式会社 代表取締役
1975年、東京都生まれ。Deloitteにて12年間コンサルティングに従事。大企業、中小企業あわせて1000社以上に訪問し、8000人以上のビジネスパーソンとともに仕事をする。現在はコンサルティング活動を行う傍らで、仕事、マネジメントに関するメディア『Books&Apps』を運営し、月間PV数は150万を超える。

「自己成就的予言」という言葉がある。もともとは心理学において使われていた言葉だ。

「ビジネスの世界では自己成就的予言という現象がよく起こります。最近の不況がその典型例です。皆が不況になるのではないかと思っていると実際に不況になってしまうという現象が、自己成就的予言です。自己成就的予言というのはもともと心理学の概念で、自分で『こうなるのではないか』と思って行動していると、実際にその予言が現実のものとして成就してしまうという現象を指します。例えば、人前で話すのが苦手だと思っている人は、人前に出ると緊張してしまうことが多い。だからうまくしゃべれなくなって、人前で話すのがますます苦手になるという現象が自己成就的予言です(神戸大学大学院)」

神戸大学のMBAプログラムにおいても教えられているように、仕事においてはとりあえず、「できる」「なんとかなる」と言うことが自らの可能性を広げることに通じる。本当にそうだろうか?と疑う人もいるかもしれない。だが、人の心は自分が考えるよりもはるかにさまざまな条件に影響を受けやすい。

例えば昔、こんなことがあった。

新人が二人、チームに配属され、彼らをセミナー講師として育成することになった。上司が彼らに告げる。

「今から1カ月後までに、セミナーの講師としてデビューしていただきます」

二人は青くなった。

「たった1カ月後ですか?」

「そうです」

たしかに人前で話し慣れていない人にとって、セミナー講師をやることはかなりのプレッシャーである。だが、この会社にいる以上は、それができなければ何も始まらない。

「だから、練習しましょう」と言うと、一人の女性は、「そうですね、なんとかなりますよね」と言ったが、もう一人の男性は「いやー、不安です」と言った。

手始めに、ひとまず彼らの実力を知るために、1.5時間の模擬セミナーをやってもらうことになった。

まずは男性にやってもらう。「人前で何度か話したことがあります」と言っていただけあって、初めてにしてはそれなりに話せる。もちろんセミナー講師としてはお粗末だが、この分であればなんとかなりそうだ。

一方で女性は惨憺たる結果であった。声は震え、満足に話すこともできない。とりあえず最後までやってもらったが、かなり練習が必要そうだ。

二人にはセミナー講師としてデビューするための宿題を与え、1週間後に再度、模擬セミナーをやってもらうことになった。

そして、1週間後の模擬セミナーのときを迎えた。

しばらく聞いていると、やはり男性の方は素質もあるようだ。うまく話ができるようになってきている。女性の方は・・・ というと、お粗末であることには代わりはない。短期間で劇的に変わる、ということはないようだ。

だが、二人に話を聴くと、男性は「いくら練習しても不安ですよ」と言い、女性は「これだけ練習しているから、きっと大丈夫ですよ」と言う。客観的には男性の方が上手いのだが、女性のほうが相変わらず前向きである。

そして、1カ月後のデビューとなった。結果から言うと、2名とも無事にセミナーを終えたのだが、当然、というより予想通り男性のほうが評価が高く、女性のほうが評価が低かった。

面白いことに、二人の反応は好対照だった。男性は数人の参加者の厳しい意見が気になったようだ。「うまく行きませんでした」とヘコんでいる。

一方女性は、厳しい意見ではあるものの、良いコメントを見ては喜んでいる。「いや、ダメだったんですけど、褒めてくれた人もいるんです。嬉しいです!」と言った。

だが、面白いのはここからだ。

さらに1年後、すっかり彼らの講師姿も板についてきたころの評価は、圧倒的に女性のほうが高かったのだ。逆に男性はあまり評価に伸びがなかった。

長期的には反対の結果になったのは一体なぜなのだろうか。

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンはその著書である「ファスト&スロー」で、「楽観的な人物は、自信過剰であることがほとんどで、現実を正しく見ることができていない」と述べる。だが、彼はこうも言う。

「モノごとを実行する段になったら、楽観主義はプラスの効果のほうが大きいだろう。楽観主義の最大のメリットは、失敗してもくじけないことである。(中略)セリグマンは失敗率の高いさまざまな状況を選んで、学習効果を報告している。例えば、飛び込みの保険セールスはその一例である。怒った主婦が鼻先でドアをピシャリと閉めたら、『自分はダメなセールスマンだ』と考えるより、『おそろしい女だ』と考えるほうがずっといい。学術研究も失敗率が高く、楽観主義が成功に必須の分野ではないかと私は常々考えている(『ファスト&スロー』早川書房)」

つまり、女性は楽観的に努力を続け、高みに達したと考えられる。たしかに彼女は、少々の失敗でめげることはなかった。「大丈夫、大丈夫」という口癖は、モノごとを成し遂げるとき、たしかに大きな武器になるのだ。

だが、注意点もある。勘違いしてはいけないのが「できる」「大丈夫」という前向きな発言は、自分の心からのものでなくてはならないという点だ。

例えば、営業会議などにおいて「絶対に成果を出します」と言わされるような会社もある。これではまったく意味が無い。むしろ「できる」と無理やり言わされたことは、ネガティブな結果を生み出す。つまり、「できる」と言わされたけど「自分はそう思っていない」となってしまう。これでは逆効果である。

困難に直面したり、大きな挑戦が必要なときは、とりあえず心から「できる」と思うことだ。そうしたら、人生は本当に変わるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

連載一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る