ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

テーマ

あえて、自分の給与を下げる勇気があるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

『“未来を変える” プロジェクト』では、記事の制作段階でさまざまな方と議論し、フィードバックをいただきながら制作しています。今回は月間150万PVを超える「仕事・マネジメント」をテーマにした人気ブログ「Books&Apps」を運営する安達裕哉さんに、「真のキャリアアップ」について寄稿していただきました。

PROFILE

ティネクト株式会社 代表取締役 安達裕哉
安達裕哉
ティネクト株式会社 代表取締役
1975年、東京都生まれ。Deloitteにて12年間コンサルティングに従事。大企業、中小企業あわせて1000社以上に訪問し、8000人以上のビジネスパーソンとともに仕事をする。現在はコンサルティング活動を行う傍らで、仕事、マネジメントに関するメディア『Books&Apps』を運営し、月間PV数は150万を超える。

「転職によるキャリアアップは給与が上がらなければならない」、そう思っている方はそれなりに多いのではないかと思う。

だが、真の「転職によるキャリアアップ」において、「給料が上がる」という条件は必須ではない。むしろすぐにもらえる給与の額は二の次、三の次である。では、何が真のキャリアアップのカギなのか。それは、「年収の上がる余地」にある。

わかりやすく言えば、真のキャリアアップとは「年収が高いポジション」ではなく、「年収がさらに大幅に高くなる可能性と責任のあるポジション」に就くことだ。

——————–

多くの方がご存知だと思うが、社員の給与は会社の稼ぐ能力によって決まる。注意したいのは、「個人の稼ぐ能力」にはあまり依存しない点だ。

フルコミッションの営業職のようなケースは例外として、どんなに能力が高い人物であっても、業界全体が伸びていなければ給与の伸びは低く抑えられるし、業界が勢い良く成長していれば、多少平凡な人物であっても高い給与がもらえる。それを知っていれば、冒頭に紹介した話も当然と思えるだろう。

つまり、真のキャリアアップとは、「伸びている業界」で「責任あるポジション」を獲得することである。

ただ、そのようなキャリアアップには一つ、リスクもある。端的に言うと、「すぐに給与は上がらず、転職直後は給与が下がる」ケースが多いという点だ。これは考えてみれば当然だ。「伸びている業界」にある会社で、他業界からの転職でいきなり「責任あるポジション」に就くことができるのは、まだ未成熟な業界、あるいは会社だけである。

つまり、そう行った会社は「現段階ではそれほど安定しているわけでもなく、高額な給与を払えるわけでもないが、可能性は極めて大きい」という会社なのだ。

「まだこの会社は成長途上で高い給与は払えない。でも、2年後、3年後には今の10倍の規模にしたい。手伝ってくれるか」という口説き文句に何かを感じ、転職をする。それが、真のキャリアアップと言えるのではないだろうか。

もちろん、業界内でわずかばかりの給与アップをねらって転職するのも否定はしない。だが、それは「キャリアアップ」と言うよりは「異動」と言って差し支えない程度のものだ。

———————–

知人に一人、新卒で入った会社を辞め、Web系のスタートアップに転職した人物がいる。彼はこう言った。

「どうしても自分を試したかった。高い給与を示された大手企業に行こうかと迷ったが、そこが自分のキャリアの終点となってしまうことが怖かった。結局、給与は一番低かったけれども、社長とともにはたらけて、将来の可能性にかけられると確信した会社に行くことにした」

彼は2年かけて成果を出し、その会社の執行役員となったが、当初の報酬の2倍以上の金額を現在では受け取っているという。

「チャレンジして良かったです。業界でも名前が知られるようになったので、次に転職できる選択肢も増えました。今、さらに責任あるポジションを打診されていますが、次は株をもって経営陣に入りたいので迷っています」と彼は言った。

もちろんこのような転職をした人がすべて、成功するわけではない。なかには競争に敗れて市場から退出してしまう会社に転職する人もいる。また、思うように成果を出せず、会社を辞めざるを得ない、という体験をした方も少なくないだろう。

だが不思議と、失敗をしたとしても「心から後悔しました」という人は少ないように感じる。なぜなら、そこで得た経験や「チャレンジをした」という事実は人を大きく成長させるからだ。

また、ハーバード大のダニエル・ギルバート氏は著書*1のなかで、

長い目で見れば、どの階層のどの年齢層の人も、自分がした行為より自分が行為をしなかったことをはるかに強烈に後悔するらしい。もっともある後悔が、大学に行かなかったことや、儲けの多い商売のチャンスをつかまなかったことや、家族や友人と過ごす時間をたっぷり取らなかったことなのもうなずける。(中略)心理的免疫システムにとっては行きすぎた勇気のほうが、行きすぎた臆病さより正当化しやすいのに、われわれはそれをわかっていない

と述べている。

*1『明日の幸せを科学する』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

真のキャリアアップは
「あえて、給与を下げる勇気があるか?」
「成果に対して受け取るという道を選ぶか?」
「自分の会社を選ぶ目を信じられるか?」
という、いくつかの難しい決断を伴う。

だがその決断を経て、さらに一生懸命成果のためにはたらいた人物が長期的に見て成長することはほぼ間違いない。そういう意味で、「真のキャリアアップ」は自分を試す勇気を問うものである。

企業からオファーが届く無料サービス。
非公開求人や面接確約オファーなどの
求人情報が届くこともあります。
キャリアの可能性を広げる
スカウトサービス
スカウトサービス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

テーマ一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る