ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

テーマ

大して面白くもないけど大事な仕事を、進んでやれる人になりたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

『“未来を変える” プロジェクト』では、記事の制作段階でさまざまな方と議論し、フィードバックをいただきながら制作しています。今回は月間180万PVを超える「仕事・マネジメント」をテーマにした人気ブログ「Books&Apps」を運営する安達裕哉さんに、「大して面白くもないけど大事な仕事」について寄稿していただきました。

PROFILE

ティネクト株式会社 代表取締役 安達裕哉
安達裕哉
ティネクト株式会社 代表取締役
1975年、東京都生まれ。Deloitteにて12年間コンサルティングに従事。大企業、中小企業あわせて1000社以上に訪問し、8000人以上のビジネスパーソンとともに仕事をする。現在はコンサルティング活動を行う傍らで、仕事、マネジメントに関するメディア『Books&Apps』を運営し、月間PV数は180万を超える

会社の中には、さまざまな仕事がある。そして、社内の仕事は2つの軸、つまり4つの象限で分類できる。

1つの軸は、面白い仕事、あまり面白くない仕事。そしてもう1つの軸は、重要な仕事、あまり重要ではない仕事だ。

人気があるのは当然、「重要で面白い仕事」だ。マーケティングや人事などは重要だし、ルーティンワークではないので志願者がたくさんいる。社内で取り合いになる仕事だ。

逆に、面白くなく、重要でもない仕事は誰もやらなくなり、自然と消滅する。ここまでは良い。

だが問題になるのは、「面白いけど、あまり重要ではない仕事」と、「面白くないけど、重要な仕事」の2つだ。

例えば、前者の「面白いけど、あまり重要ではない仕事」の1つとして、「書類作り」などがある。「何を言っているのだ、書類作りは重要だろう」というご意見があることはもちろん承知しているが、所詮は書類である。

ほんとうに重要なのは書類を作るより、書類に書かれていることを「実行」することだ。

最近、「働き方改革」で名前がよく挙がるカルビーのCEOは、こんなことを言っている

当時のカルビーには、とにかく不要な紙が多すぎました。膨大で複雑な資料が、冗長な会議のたびに作成される。紙の山と生産性の低い話し合いを、とことん省くことが必要でした(「やらなくてもいい仕事」を排除すれば仕事の速度は一気に上がる!|PHP研究所『THE 21 ONLINE』)

ところが、書類作りはやってみると結構面白いのである。調査した数字を分析し、物事を俯瞰したりすると、何か新しい発見があるかもしれない。

人にその分析結果を伝えれば、「面白いね」と言ってもらえる。言われたほうもちょっと鼻が高い気分になれるだろう。

しかし、往々にして「書類」で企画が止まってしまう。実行に移されるものはその中のごく一部である。なぜなら、実行の段階になると「面白くないが、重要な仕事」がたくさん待っているからだ。

多くの方がご存知の通り、そんな仕事が企業の中にはたくさん眠っており、「誰がそれをやらなければならないのか」をめぐって、多くの人が争うのである。

例えば、新規の顧客開拓をしなければならないとする。マーケットがどこにあるかを調査し、Webページをリニューアルし、資料請求があった場合に送る資料を作る。月にこれくらい受注したいから、アプローチしなければならない顧客はこれくらいで・・・ と考えていくことは結構面白く、やりがいのある仕事だ。

しかし、実際に「顧客を開拓する」という段になって、皆の勢いはピタリと止まる。

「テレアポしてください」

「会社のブログを書いてください」

「飛び込み営業をやってください」

「既存のお客さんに紹介をもらってください」

……

「明日から上の仕事をコンスタントに、毎日、少しずつ努力してやってください」と言われ、そのままきちんと実行できる人はどれくらいいるだろうか。感覚的には1、2割だろう。あれほど「新規開拓やるぞ」と盛り上がったのに、実際に動く人は少ないのだ。

そうして社内で誰も動かないと、「他の部署にやらせよう」「外注しようか」といった話にもなる。

「テレアポのパートナーを探します」

「Webを更新するパートナーを探します」

「営業代行会社探します」

「他の部署に紹介を依頼しよう」

そんな具合である。そして費用はかさみ、自社にノウハウもたまらず、結局新しい試みは無残な結果に終わる。

どこが間違っているか、よく分かるだろう。

テレアポを外部のパートナーに依頼するためには、まず自分たちでやってみなければ、どう依頼したらよいかわからないし、ブログを書くためには、自分たちで材料を社内から集めてこなければならない。営業は自分でやってみるまで何がお客さまに響くのか分からないし、わざわざ他部署が自分たちのために動いてくれるわけがない。

結局、仕事において本当に重要なことは、「大して面白くもないけど大事な仕事」をとことんやりきることなのである。この事実を見て見ぬふりをする人物は、一生「仕事のできる人」にはなれない。

私がかつて訪問していた商社の営業部長が、人事評価のときに部下にこんなことを言っていた。

「どんな将来像を描いているんだ?」

「やっぱり成果を上げて、それなりに大きな仕事がしたいです」

「そうか」

「はい」

「良いことを教えてやろう。」

「なんですか?」

「何事も、始めた当初は楽しい。企画段階や構想段階というのは夢が広がるものだ」

「はい」

「でも、しばらく経つと、皆気づく。『あれ、この仕事、前は楽しかったけれど、今は地味でつまらなくないか?』と」

「なぜですか?」

「当たり前だ。ほとんどの仕事の成果は、地味な活動の賜物だからだ」

その若手はあまりピンときていなかったようだが、少なくともその発言が的を射たものであったことはよく分かる。

実際、「大して面白くもないけど大事な仕事を、進んでやれる人」が、実は企業にとって最も重要な人物なのだ。

あなたの強み・弱みや能力、
適した働き方や企業風土などを、無料で診断します。
“あなたの可能性”と出会える
キャリアタイプ診断
キャリアタイプ診断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

連載一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る