ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

テーマ

キャリアでは、尖るよりも丸くなることで成長することがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

『“未来を変える” プロジェクト』では、記事の制作段階でさまざまな方と議論し、フィードバックをいただきながら制作しています。長いキャリアのなかで、ビジネスパーソンとして人はいつ成長するのでしょうか。今回は、マイクロソフトのマーケティングマネジャーに30代でなった方に、「キャリア人生でもっとも成長した時期」をテーマに寄稿していただきました。意外にも成長したのは、「尖る」ではなく「丸くなる」と決意したときだと言います。

PROFILE

元マイクロソフトマーケティングマネジャー(53歳)
元マイクロソフトマーケティングマネジャー(53歳)
パーソルキャリア i-common登録
広告制作会社と広告代理店を経て、マイクロソフト日本法人(現日本マイクロソフト社)に入社。販促ツール制作、広告宣伝部マネジャー、シニアマーケティングコミュニケーションマネジャーなどを歴任。デジタルハリウッドにて「広告宣伝」の講師も務める。広告クリエイティブや販促キャンペーンなど数多く手掛ける。現在はフリーのマーケティングコンサルタント。i-commonに所属し顧問としても活動中

とにかく尖りたかった20代

私は、30代前半のときに転職を決意しました。理由はいくつかあったのですが、組織の中で「尖りきれなかった」というのが一つの要因でした。

今でこそ、「尖り」という言葉で表現できますが、その当時は斜に構えるとか、アウトローという言葉があり、他人とは違う視点をもって仕事をして評価を得ようと前のめりになっていました。

自分で言うのもなんですが、人並みに仕事はでき、上司からの信頼も厚かったと思います。しかし、決して尖ってはいませんでした。客観的に見ると、尖るどころかいろいろなことに手を出してしまいコアスキルというものを磨くことがまったくなく、「自分=これ!」というものがない20代のビジネスパーソンでした。

転職して気づく自分の立ち位置

ここではあえて「運が良く」と書きますが、転職してマイクロソフトに入社することができました。

先にも書きましたが、尖りきれなかったことが要因の一つにありましたが、自分のせいではなく、その頃は「今の環境が悪いから尖れない」と本気で考えていました。そのため、優秀な人物が多い企業ではたらけば自分の尖りを出すことができると思い込んでいたのです。

入社後、1週間経たずしてそれが間違いだと思い知らされます。同僚と比較し、自分のコアスキルがコアスキルでないことが痛いほどわかったんです。周囲からは、入社前の私の経験から、マーケティングのなかでもプロモーションに関する知見に長けていると思われていました。実際は、皆の足元にもおよばない知識量でした。経験という点では確かに周囲よりもありましたが、仕事の質という点ではるかにおよんでいませんでした。

人は、尖るよりも丸くなることで成長する

自分には何もないことが十分にわかった1週間。日曜日の夜に会社に行くのがつらいと感じたことはこのときが初めてでした。

プレッシャーを感じる中で出社すると、入社当時の上司が状況を察してくれたのか、一段下の基礎に近い仕事を振ってくれるようになりました。「会社によってやり方が違うから、後々自分の個性が出せるといいよ」と、その上司が声をかけてくれたことが、私がビジネスパーソンとして成長するきっかけになりました。

自分は、尖ろうとしすぎていたため基礎ができていない、中途半端なデコボコ状態だ。今は徹底的に基礎を磨くため、丸くなろうと決意しました。

すべてをバランスよく吸収し、まずはどんな要望にも応えることができるバランサーになる。こうしてバランサーに徹したことで、会社が求めていること、同僚にないスキルが見えるようになり、逆に自分の尖りを出していけるきっかけとなっていきました。

環境の変化は、成長に通じる一つのチャンス

私は、「転職」というタイミングでビジネスパーソンとして成長するきっかけをつかみ、そこからの5年間でそれまでの十数年よりもはるかに成長することができました。

環境の変化は、自身を成長させる大きなチャンスです。

転職という大きなタイミングでなくとも、部署が変わった、チームが変わった、担当エリアが変わったなど、環境の変化で何かを感じ、成長のきっかけをつかむことができるはずです。

【 本記事の読者にはこちらもお薦めです 】
社会的ネットワーク理論で考える「新卒1年目のはたらき方」
個人と企業が絆を築くメカニズムを深掘りします。

企業からオファーが届く無料サービス。
非公開求人や面接確約オファーなどの
求人情報が届くこともあります。
キャリアの可能性を広げる
スカウトサービス
スカウトサービス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

テーマ一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る