ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

テーマ

「ちっともビジョナリーではない経営者」の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

『“未来を変える” プロジェクト』では、記事の制作段階でさまざまな方と議論し、フィードバックをいただきながら制作しています。今回は月間150万PVを超える「仕事・マネジメント」をテーマにした人気ブログ「Books&Apps」を運営する安達裕哉さんに、「ちっともビジョナリーではない経営者」について寄稿していただきました。

PROFILE

ティネクト株式会社 代表取締役 安達裕哉
安達裕哉
ティネクト株式会社 代表取締役
1975年、東京都生まれ。Deloitteにて12年間コンサルティングに従事。大企業、中小企業あわせて1000社以上に訪問し、8000人以上のビジネスパーソンとともに仕事をする。現在はコンサルティング活動を行う傍らで、仕事、マネジメントに関するメディア『Books&Apps』を運営し、月間PV数は150万を超える

一昔前、私が訪問していた企業の経営者がこんなことを言っていた。

経営に余計な価値観をはさまないように気をつけている。得に人事をやるときは。

私は当時、「企業の社員は価値観が統一されていなければならない」という上司の下で働いていたので、その考え方は一種独特のものに見えた。

ましてや各種メディアを見渡せば、昨今、「会社の存在意義」や「従業員の守るべき規範」といった経営ビジョンを掲げる「ビジョナリーな経営者」がもてはやされる傾向にある。

しかし、その経営者は要するに「ある種の価値観は経営にとって邪魔だ」と言っているわけだ。なんとも不思議である。

そこで私は、「その価値観とはなんですか?」と聞いた。

経営者は一言、「好き/嫌い」と「良い/悪い」だ、と言った。

私は納得がいかなかった。「◯◯が好き」という感情は、強い力を生み出す。そういった力を活かさずにどうやって経営をするのだろう。私は聞いた。

「好き/嫌いと良い/悪いがなければ、どうやって従業員を特定の方向に向かせることができるのですか?」

すると、その経営者は質問に答えず、私に逆に質問してきた。

「なぜ従業員を特定の方向に向けなければならないのですか?」

私は言葉に詰まった。

「・・・力を合わせたほうが、強いパワーが出ると思います・・・。それに、ビジョンがなければ、『会社の方向性が不明』と、不満を持つ社員が出てくるのではないでしょうか?」

経営者は頷いている。

「・・・なるほど」

「それに『ビジョナリー・カンパニー』という本には、ビジョンを持てば、会社の業績も良くなるとあります」

(その頃、私はまだ『ビジョナリー・カンパニー』に書かれている内容が本当であると信じていた)

「・・・ふむ、よく分かった。つまり、価値観やビジョンは会社の成長にとって必須だと」

「そ、そうです」

しかし、あらためてじっと問われると、私にはあまり自信がなかった。なんせ私の知る多くの企業においては、実はビジョンらしいビジョンが存在している会社のほうがはるかに少ない。

しかし、「業績が悪いのか?」と言われれば特にそうではなく、ビジョンらしいビジョンがなくても業績が良い会社はたくさんあるし、逆にビジョンがあっても業績の振るわない会社も数多くある。

私は耐えきれなくなり、その経営者に逆に聞いた。

「なぜ社長は、好き/嫌いと良い/悪いを余計だと考えているのですか?」

経営者はきっぱりと言った。

「もちろん、好き/嫌いや良い/悪いで判断を曇らせたくないからだ」

私はとっさに聞いた。

「好き/嫌いで、判断は曇りますか?」

社長は言った。

「もちろんだ。君が部長だったとして、部下の好き/嫌いを評価の勘定に入れるかね?」

「・・・できるだけ入れないようにします」

「そうだろう。好き/嫌いにとらわれていては、客観的な判断はできない」

私は見透かされた気分になった。

「しかし、良い/悪いはどうでしょう? 会社の倫理観とも関わりがあるような気がしますが」

「良し悪しは、時代とともに変わる」

「・・・具体的にはどのように変わるでしょう?」

「つい10年ほど前までは、滅私奉公が美徳だったな。今はどうかね?」

「・・・」

「美徳ではないな。一生懸命働いてくれるのは私としては嬉しいが、会社として正しいかどうかは別の話だ」

社長と問答を重ねるうちに、もしかしたら彼のほうがスジが通っているのかもしれない、と私は思い始めていた。しかし、私は「果たしてこの経営者は、何を判断基準にしているのか?」と、不思議ではあった。

「では社長、つかぬことを伺いますが、何を判断基準にしているのでしょう? 情報が足りないときに意思決定を迫られることは多いと思います。例えば、部長候補者が二人いるが、どちらも長所と短所があり、どちらを昇進させたらよいかという判断は、かなり難しいのではないでしょうか。そんなときには、好き/嫌いの判断が入るのはある意味自然ではないかと」

経営者は言った。

「私が最も重要視している基準は、役に立つか/立たないかだ」

「役に立っているか、そうでないかも価値観では?」

「もちろんそうだ。だが、好き/嫌いや良い/悪いといった観念的なものよりは、はるかに具体的で価値のある基準だ。『これが好き、あれが嫌い』というのは一種のワガママのようなものだと私は思っているし、モノゴトの善し悪しは純粋に倫理的な問題だが、会社経営にはそぐわない」

私はこれを聞き、鄧小平の「白猫であれ黒猫であれ、鼠を捕るのが良い猫である」という言葉を思い出した。

経営者がビジョンを持つということは、少なからず社内にいわゆる「音楽性の違い」をもたらす。

それはそれで良いのかもしれないが、この経営者のように「役に立つならばなんでもOK」という態度も、また1つの経営者のあり方なのだと、「ビジョン」で紛糾している会社を見るたびになんとなく感じてしまうのである。

あなたの強み・弱みや能力、
適した働き方や企業風土などを、無料で診断します。
“あなたの可能性”と出会える
キャリアタイプ診断
キャリアタイプ診断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

連載一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る