ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

テーマ

エグゼクティブの学習に共通する「テーマ学習」のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

エグゼクティブの方に共通していることは、全員勉強熱心なことです。自身の専門分野は当然のこと、社会、教育、サイエンス、国際情勢、環境、医療、政治、ビジネスなど、幅広い知識を持っています。では、こうしたエグゼクティブ、ビジネスリーダーの方は日頃からどのように学習しているのでしょうか。

今回は外資系総合メーカーで活躍され、いまは経営コンサルタントとして多くのエグゼクティブの相談に乗る小林広雄さんに「エグゼクティブの学習術」をテーマに寄稿していただきました。

PROFILE

小林広雄
小林広雄
(インテリジェンス i-common登録)
フリーランス経営コンサルタントおよびパーソナルイングリッシュコンサルタント。日本エマソン株式会社(米国総合電機メーカーEmerson Electric Co. 100%日本法人)にて28年間勤務。うち15年間、2つの事業部門の責任者General Managerとして、営業・マーケティング、製造、技術、管理(人事労務・経理)など経営管理全般を担当。現在、経営顧問サービスを通じて活動中。また、サイタ(コーチ・ユナイテッド社)の認定プライベートコーチとしてビジネス英会話レッスンを担当

何を学ぶかを事前に決めるテーマ学習のススメ

上記で述べた通り、エグゼクティブの方は幅広い知識、話題の持ち主です。また会話をすると、各分野の諸問題についてご自分の意見をきちんともっているということも特筆すべきことかもしれません。とは言え、それらの知識を一朝一夕で身につけたわけではありません。たくさんのエグゼクティブ、ビジネスリーダーの方とお話をさせていただくとその勉強方法、学習術には共通点があることに気づきます。

まず、何を学ぶか。通常は現在の仕事に関連することからスタートすることが多いと言えます。企業経営は、経営資源(人、モノ、金、情報など)を、労働市場、資本市場、財市場などから調達し、効率良く稼働させ、企業活動の方向性を正しく明示することが重要になります。ですから、エグゼクティブ・ビジネスリーダーの方は、この活動に関連するところから、必要に応じて学習をスタートさせています。

ただ、これらの幅広い経営活動に関連する知識を一度に身につけることは不可能です。そこで、どのようにエグゼクティブの方々が対応しているかと言えば、ずばり「テーマ学習」です。現在の業務に関連し、一番関心が高いテーマを選び、そのテーマからスタートするというものです。

では、具体的にはどのように学習を進めたら良いのでしょうか。

学習は、まず具体的に動くことから始める

例えば、向こう3カ月はマーケティングをテーマに学習するとします。テーマで、基礎知識がないものならば、3カ月程度かけて広く浅く学習します。ある程度の知識があれば、1週間から1カ月程度で必要な部分を必要なだけ学習します。

ここで重要なことは、「具体的に動く」ということです。エグゼクティブ、ビジネスリーダーの方に共通している点は、「やる価値のあることはすぐやる」ということです。グズグズして時間をロスすることはしません。具体的に動けば、必要に応じて軌道修正することもできます。何もしないで動かないことが、貴重な時間を一番ロスしてしまいます。

それでは、「具体的に動く」というのはどういうことでしょうか。一般的には、基本書を購入して学習をスタートします。学習する期間には外部セミナーなどに積極的に参加します。

ここで重要になるのは、学んだ知識を実務に活かすという意識です。知っているかどうかが重要ではなくて、その知識を実務で活用し、身につけることが実学のポイントになります。

以上が、私が多くのエグゼクティブに聞いて共通する学習術です。経営活動に必要な幅広い知識をどのように学習していけば良いのか、あまりに多くのことを学ばなくてはならないため、往々にして、どこからスタートすれば良いのかさえわからなくなることもあるかと思います。

テーマを決め、まず具体的に動くこと、そしてケースにあたり、成功事例に多くあたることでより高みを目指す実践力が身につきます。

【 本記事の読者にはこちらもお薦めです 】
変化の時代の必須スキル 〜「5分で分かる学習好きの作り方」
変化の激しい時代に「学習」の目的やプロセスはどのように設計すればよいのでしょうか。

企業からオファーが届く無料サービス。
非公開求人や面接確約オファーなどの
求人情報が届くこともあります。
キャリアの可能性を広げる
スカウトサービス
スカウトサービス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

テーマ一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る