ログインして記事ブックマーク、コメント投稿などすべての機能を使う。

close

テーマ

エグゼクティブが語る、メンターの価値とその効能とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

エグゼクティブはなぜ、メンターをつけるのか。メンターをつける価値について、実際にビジネスコーチをつけ、キャリアを磨いてきた元消費財メーカーマーケティング部部長(40代)に「メンターの価値」について、寄稿していただきました。

PROFILE

元消費財メーカーマーケティング部部長(40代)
元消費財メーカーマーケティング部部長(40代)
パーソルキャリア i-common登録
某外資系ソフトウェア会社Eコマース事業立ち上げ。その後、消費財メーカーのデジタルマーケティング部部長を経て、現在はグロースハッカーとして活躍

メンターが必要な理由は「すべての難局をクリアする力がない」から

まず前提として、ビジネスにおいては自分一人でできることに限りがあります。幼少のころから特に何か分野で秀でた才能や結果を残したわけではない私には、すべての難局を打開できる力も経験もありません。この自覚が、私にとって「メンターが必要である」という強い動機になっています。

そもそも私は誰かと競争するつもりもしたいとも思っていません。自分の強みを磨けば良いと思いますし、競争したい人はすればいいと思いますが、本質的には誰もがそれぞれに価値がある存在だと思っています。だから、もし違う力が必要になればその力を他の人から借りればいいだけのことなのです。

メンターをつけることには、私たちが個性や強みを活かすために不足している部分や、違った視点を入れることでより高みを目指せるという大きなメリットがあります。そういう意味では失礼な言い方かもしれませんが、メンターは発火装置でもあり加速器でもあると思います。

仕事で悩みが一切ない方は極めて例外的であって、ほとんどの方は大なり小なり不安や問題を抱えています。そういった場合において、適切な相談相手というのは簡単には見つからないものです。この点でもメンターの存在はとても大きいのではないでしょうか。

明確な答えのない課題に臨むには、ぶれないマインドが必要

世界的に有名なコンサルティングファームでも、「この場合、○○が担当だったらどうするだろう?」というアプローチが頻繁に行われています。つまり、この人だったらこの難局にどのように対処するだろうというシミュレーションです。「坂本龍馬が生きていたらどうしただろう」というのを雑誌やテレビなどで見ますが、それを具体的なケースにどんどん落とし込んでいくことをしています。

私の場合は、メンターの方に「こういう状況なのですが、どう思われますか」というケースメソッドをたくさんヒアリングしています。分野も立場も異なる方なので切り口が異なりますし、本質的なところから突っ込まれるので自分を見つめ直す糸口になることが多いです。

認知心理学に「メタ認知」というのがあります。自分の考えや思想を客観的に眺めることで、より正確に自己を認識する手法ですが、メンターとの関わり合いの中で根本的に自分を見つめ直すことができるようになりました。

経営に近いポジションになればなるほど、ぶれないマインドが重要になります。その結果として、優秀な仲間が集まる。「自分がぶれないようにするには、それ相応の努力と工夫がいるのではないか」という観点で、メンターとは議論しています。

自分を徹底的に深掘りするように、メンターの方には時に静かに、時に激しく付き合っていただいています。「これを続けたとして、飽きることはないのか?」といった指摘を受けることもあります。普通なら、他の人にそのような言われ方をされることはなかなかありません。いわば、究極のソクラテスメソッドです。

基本的には、ケースメソッドの連続です。ケースメソッドは事業を行う主体、つまり私たちに着目して行うイメージです。私の場合は、各クライアント企業さまに新規事業のサポートも行っているので、外部機関の立ち位置で私が参加した場合にどのようなバリューを提供できるのかについて白熱した議論をコーチと行います。守秘義務についての注意がもちろん必要な点は、たとえ相手がメンターであっても言うまでもありません。そういった配慮をするかしないかも、良いメンターと巡り合える要素になるのではないかと思って、厳しく自分を律しています。

簡単に答えが出ればこれほど楽なことはありません。具体的にズバリ解決策などを教えてもらえれば、結果の効率は上がるのかもしれません。しかし、それでは本当に必要な「産み出し力」は鍛えられません。

だから、あえて自分で一定の回答を出せるように、「これしかない」という回答がないようなケースにばかり次々と取り組んでいます。

改めて問う、メンターの価値とは

外部の意見を一切取り入れない経営者は、一時の勢いで成果を収めることはできるかもしれませんが、永続性という観点では疑問に感じるケースが多いように思います。私のみならずメンターがいる方が異口同音に言うのは、「どこか自分のことなのに客観的に見ることができるようになった」ということです。自信を持つことはとても大事なことだと思いますが、同時に謙虚さも必要です。

しかし、実際に実践するのはかなり困難です。ビジネスパーソンとしてできる方というのは、時として自信過剰になって失敗してしまうことがあります。目に見えて結果を伴うものではないのかもしれませんが、メンターはとても重要な存在だと思います。また、私自身も役に立てるメンターでありたいと思っています。

いずれにしても、良いメンターを見つけるのは本当に難しいと思います。相性もとても大事です。また機会があれば、良いメンターと出会える方法についてもご紹介できればと思います。

キャリアの強み・弱みを無料診断。
最適な働き方や企業風土を提案します。
キャリアの可能性を広げる
キャリアタイプ診断
キャリアタイプ診断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOK MARK

いいね!していただくと
最新記事をお届けします。

コメントを送る

関連する記事

テーマ一覧を見る

タグ

タグ一覧を見る